フォト
無料ブログはココログ

ミュージカルオーデションに向けて VOCALレッスン生受付

  • 劇団四季オーディション他に向けて個人ボーカルレッスン
    今通われてる生徒のジャンルは様々ですが、主にミュージカルにおける、発声・台詞・芝居などをホームレッスンしております。基本60分で、都合の合う時間でしたら随時受け付けています。10~22時まで。30分からのショートタイムも可。月、水、金はホームレッスンを主に行っています。グループレッスンも可ですのでまずはメールにてご相談ください。 ◆レッスン場所◆東京メトロ方南町駅より徒歩2分 ◆こんな人向け◆ ○歌初心者の方○ミュージカルオーデションに向けて勉強中の方○プロで発声に悩んでいる方○子役のレッスンも受付しています。 ◆申し込み方法◆ ブログの【メール送信】から①お名前②連絡先③ご希望のレッスン候補日、をいくつかご連絡ください。 ◆レッスン代◆メールにてお問い合わせください。 ◆過去に教えたジャンル◆ ミュージカル、ポップス、シャンソン、アニソン、イタリア歌曲、フランス歌曲、ボカロ、芝居台詞など

♪ライブ情報

  • メインの記事に詳細を載せてありますので良かったらご覧ください!(お名前の敬称は略させていただきます)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 1/27ボンボンありがとうございました! | トップページ | 雪かと思いきや »

2014年2月 5日 (水)

町の歴史を変えた音楽2014年12月15日第九in永平寺

去年の12月のことです。

2013年12月15日。

ベートーヴェン第九交響曲合唱付き演奏会。


1391565814058.jpg


福井には過去、四季のツアーで2回伺っています。

会場だったフェニックスホールまではよく駅前から歩いたものです。

今回その話をしたら「その距離を歩いたんですか!?」と驚かれました(^-^;


第九のテノールソロは音大時代良く最高音のHを目指して歌いまくってました(笑)

当日バリトンだった僕には高い壁でしたが、プッチーニの「誰も寝てはならぬ」同様良く酔っぱらって挑戦した歌でした。

なので依頼のお話を頂いた時、素直に「はい」とは言えず、「声出るか確めてから連絡します」と弱気に(^-^;

今思えば劇団のお陰ですね。どんどん高音に挑戦しなくてはいけない環境だったので有り難くも音域も広がりました。


挑戦を決めましたshine

会場は福井県永平寺町。

創始1200年頃からの歴史ある「永平寺」の佇む町。

そこで活動するコールフロイデ合唱団。

『いつか、永平寺町で第九をやりたいね』

そんな願いを込めて「コールフロイデ」と命名し、平成18年に発足。それから6年 。
積年の願いが実現した演奏会でした。

まだ雪景色とは縁遠かった12月の東京。
(昨日2/4は雪がすごかったですが)

福井が近づくにつれて一面の銀世界。


1391565815719.jpg


福井駅へは指揮の吉川将聖さんとご家族の皆様にお迎え頂きました。

彼とは車の中で福井で市民団体で開催することの難しさ、またやりたいけど来年以降は出来るかはわからないけど今回出来る限りを尽くしたいこと。

吉川さんの心熱い思いが伝播しつつ会場へと向かいました。


リハーサル会場の福井県立大学へ。

まだ市内は雪がほぼ無かったのですが、行きなり雹のような雪が降り、五分足らずで雪景色に。


1391565817189.jpg


会場では100人近い皆さんが、吉川さんの指示に耳を傾けながら、会場の響きや楽器の聞こえ方などチェックが繰り返されます。 

ソリストの大城さん、小畑さん、和田さんともご挨拶でき、皆さん福井出身の温かい方々でした。

指揮の吉川さんはソリストには気遣って下さり「声を取っておいてくださいと」極力声抑えてください状態。

だがしかし、初めてソロの私は声を取っておく余裕もなくひたすら歌いまくりました(^-^;

とりあえずソリスト最後の四重唱ハーモニーも気持ち良く決まり、ホッとしたものです。


明日の本番を想像しては一人盛り上がりながらイメトレしつつ、夜は前夜祭の飲み会でした。

ソリストは僕とアルトの和田さんでお邪魔しました。彼女はお酒飲みません。普通歌い手は控えますよね。

私も昔は控えてたのですが、、、九州ライオンキングで仲間にお酒を鍛えて貰いまして本番前でも気にせず飲める喉になりました(笑)

でもやはり飲み過ぎや喋りすぎは禁物なので抑えようとしたんですが、、


蟹が美味しい。


1391565818530.jpg


《せいこ蟹》です。

越前の蟹で、雌(めす)。

丁度旬な時期だったようでこんなに味わいがあって、香り高い蟹は初めましてでした(>_<)

卵がまた美味しい(>_<)お酒がまた美味しい(>_<)

、、結果福井の美味しい酒三種類を飲み比べさせて貰いかなりいい気分でした(>_<)

黒龍と白龍と、、すみませんうろ覚えで。

本番朝。

今日も指揮者の吉川さんにお迎え頂き、一緒に佐渡裕さんの一万人の第九CDを聴きながら気分は本番に向けて盛り上がったものです。

当日通しリハーサルを朝早くから始め第九コーラスが「フォルゴーット!!」と歌い上げこれからテノールソロを歌い上げようと準備する瞬間。

吉川さんが目を見開きながら指揮を止めました。


コーラスの女性が一人倒れました。

皆さん、ギリギリのところでやっていたんでしょう。大事に至らず済んで幸いでしたが、コンサート・舞台はなま物、何が起こるかわかりません。


リハーサルも無事に終わり、本番前。

会場は第九とコールフロイデのコーラスを期待している皆さんでいっぱいになりました。

大阪マッサンで新調しました燕尾服に着替え、いざ舞台へ。


お客さんを前に歌うのはやはりいつもと違う感覚になります。

自分はリハーサルの方が正確に歌えていたかなと反省のこる感じでしたが、コーラスは力強いエネルギーに溢れていました。


吉川さんから前日リハーサルを終えたとき「正直福井の合唱レベルはどうですか?」と聞かれました。


その時は明言しきれていなかったのですが、今振り返ってはっきり言えます。

もちろん発声については、第九は容赦ない高音の連続ですしテクニック的に難しいことやクリアしていく事はありますが、何より歌う上で一番大事なものがしっかりありました。

今も皆さんの熱く歌う声が頭に残っているんです。それくらい魂を残せたコンサートでした。

ソリスト席で後ろから浴びた最後の「ゲーッテルフンケン!!」はゾクッとしました。


今まで練習の中ですごい努力をされてきたことと思います。

ついていくのが大変と辞退された方もいらっしゃったと伺いました。

皆さんがこの第九にかけてきた「想い」が歌声に込められていました。


国立音大だった時、年末NHK交響楽団と第九をやっていましたがその時にドイツ語の発音を細かく教えて貰いました。

ドイツ語はカタカナ発音になりがちですが、コールフロイデはそこもちゃんとこなしていました。

どうやら各パート毎の歌CDで鍛えたようです。

もちろん吉川さんの細やかな指導の賜物でしょう。


ピアニストの玉嶋さんも終演後の会場で一言ずつ挨拶をしていたとき涙なしには語れないご様子でした。

終演後ソリストの皆さんとも一緒に写真を!


1391565821062.jpg


楽器の方も裏でお手伝いをされた方、くじ引きの景品をご用意された方(米やらイチゴやら美味しそうでした)沢山の方々の思いが合わさった見事な公演でした。

打ち上げは歌あり、酒あり、語りありそれはそれは楽しいものでした。明日から日常に戻ることの寂しさもちらほら。


1391565819704.jpg


そこで荒牧リョウさんというシンガーソングライターの方との出会いがありました。

福井にゆかりがあるようで演奏会を見に来ていたみたいです。東京や関西で活動されているらしく、2曲歌ってくれましたがそれも素晴らしかった!

また彼女のライブにも伺いたいですし、いつか共演させていただきたいです。

荒牧リョウさんのブログ


、、後日談ですが、東京に戻って心踊る便りが届きました。

今回のコンサートを聞いていた町長さんや教育長さんに翌日ご挨拶に伺ったところ、

「来年も永平寺で第九を是非続けてほしい。町役場でもバックアップします!」との言葉を頂き、来年開催に向け準備を進めているようです。

第九が町の歴史を変えました。

微力ながらこの会に参加でき、音楽で町を変えることの出来る機会に携われたことが何より嬉かったんです。

今年の1月早速吉川さんから来年のオファーを頂きました。

心して挑みたいと思います。

こちらからも第九コンサートの様子がわかります(^-^)

永平寺町 みんなの第九コンサート


はぁ~!

ずっとお伝えしたくやっと書けました(>_<)

最後に越前おろしそばの名店「けんぞう」です。


1391578865997.jpg


辛い大根おろしとこしのある蕎麦がたまらなく旨い(>_<)


1391578867814.jpg


お店にあった印象的な書。


1391578869982.jpg


また食べに行きたいですhappy01

最後は食べ物のことで終わります(^-^;


« 1/27ボンボンありがとうございました! | トップページ | 雪かと思いきや »

ライヴ情報」カテゴリの記事

コメント

阿川さんお久しぶりです。

永平寺町の第九以来ですね。

「みんなの第九」通信を勝手に発行していた者です。


永平寺町の第九を感動的に語っていただき、とても感激です。

また今年もよろしくお願いします。

初心者だった私も今年は経験者として頑張ります。


昨年は、越前ガニ、地酒、けんぞう蕎麦を堪能されましたね。

今年は・・・

秋吉のやきとり?

ヨーロッパ軒のソースカツ丼?

やっぱり新鮮な刺身と日本酒ですね!

楽しみにお待ちしています。

山口さん、お久しぶりです(^-^)
前夜祭(?)では「みんなの第九」通信を拝見させていただき、お陰さまで私も翌日に向けて盛り上がりました!

永平寺では本当にいい体験をさせて頂きました。

永平寺にはまだまだ、グルメが盛りだくさんですねhappy01
楽しみです!

蟹の話をしたら、来年は是非ツアーを組んで東京から伺いたいと申している仲間もいます(笑)
年末に向けて盛り上がりたいと思いますnote

阿川さん、お久しぶりです。

永平寺町の第九のことを書いていただき、ありがとうございました。

感動的な第九の演奏会から、早2カ月が過ぎました。
が、いろんな方から、第九良かったね、ケーブルテレビ見たよ、と声をかけていただけています。
また、次の時は一緒に歌うよ、という方もいます。

今回の演奏会は、永平寺町の町民の多くに、大きな感動を与えたように思います。これも、阿川さんはじめ、協力していただいた方々のお陰と感謝しております。

今年も2回目をやろうと、盛り上がっています。
また、お会いできることを楽しみにしております。
美味しいお酒も用意しておきます。^^

阿川さん、お久しぶりです。

実行委員の栃川です。
永平寺町の第九のことを書いていただき、ありがとうございました。

感動的な第九の演奏会から、早2カ月が過ぎました。
が、いろんな方から、第九良かったね、ケーブルテレビ見たよ、と声をかけていただけています。
また、次の時は一緒に歌うよ、という方もいます。

今回の演奏会は、永平寺町の町民の多くに、大きな感動を与えたように思います。これも、阿川さんはじめ、協力していただいた方々のお陰と感謝しております。

今年も2回目をやろうと、盛り上がっています。
また、お会いできることを楽しみにしております。
美味しいお酒も用意しておきます。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588246/59075165

この記事へのトラックバック一覧です: 町の歴史を変えた音楽2014年12月15日第九in永平寺:

« 1/27ボンボンありがとうございました! | トップページ | 雪かと思いきや »